mylogo6.jpg

★バックナンバー★
中野マサハル通信VOL.1
中野マサハル通信VOL.2
中野マサハル通信VOL.3
中野マサハル通信VOL.4
中野マサハル通信VOL.5
中野マサハル通信VOL.6
中野マサハル通信VOL.7
中野マサハル通信VOL.8
中野マサハル通信VOL.9
中野マサハル通信VOL.10
中野マサハル通信VOL.11
中野マサハル通信VOL.12
中野マサハル通信VOL.13


中野忠晴音楽事務所[N・T・Mレコード企画]
1月・2月インフォメーション


・友人のコロムビアレコードディレクター、森淑さんが下記のように父親の2枚組CDを制作、発売してくれます。
2月17日に森ディレクター、三谷ディレクター、瀬川先生等とこの事で打ち合わせを行いました。発売後のプロモーション活動等、おおまかなコンセプトの設 定を決め、細部の活動は今後このメンバーで随時ミーティングを行うことを決めました。


ジャズコーラスの先駆者 中野忠晴とコロムビア・ナカノ・リズム・ボーイズ
戦前の幻の音源がついにCD化発売

コロムビア創立100周年・中野忠晴生誕101年記念

「中野忠晴とコロムビア・ナカノ・リズム・ボーイズ」


歌:中野忠晴 コロムビア・ナカノ・リズム・ボーイズ(秋山日出夫、原田礼輔、手塚慎一、山上松蔵ほか)
演奏:コロムビア・ジャズ・バンド(小畑光之tp芦田満cl松本伸tsほか)
編曲:服部良一、仁木他喜雄 ほか

6月2日発売 CD2枚組(40曲収録予定) COCP36178〜9 3500円(税込)

(収録予定曲)山の人気者 ダイナ 山寺の和尚さん たりないソング 東京見物 口笛が吹けるかい 街の人気者 海の人気者 ミルク色だよ タイガー・ラ グ お江戸日本橋 小さな喫茶店 バンジョーで唄えば 他 初CD化多数の40曲収録予定


ミルス・ブラザーズを手本に昭和初期日本の音楽シーンに現れた、コーラス・グループ。ベースを効かせ、切れ味のあるスピード感に満ちたコーラス・サウンド は70年以上たった今も新鮮。しかも、遊び心いっぱいで、理屈抜きに楽しめることうけあいで、あきれたボーイズやザツオン・ブラザーズに影響を与えたこと は一聴瞭然。戦後このグループメンバーが、様々な音楽シーンで重要な役割をはたしたことだけでも音楽史的に貴重。また、当時最高水準コロムビア・ジャズ・ バンドの演奏も聞きもの。アレンジャーとしての仁木、服部にも注目したい。



・正月明けに広島の音楽プロモーターの永井君より連絡があり、伝説のジャズギターリスト「ジャンゴ・ラインハルト」の孫の「ルロ・ラインハルト」を日本に 招聘したいので協力いただきたいとの事で、彼が上京した1月末日に、元コロムビアディレクターで現在ジャズのCD制作会社を設立した菰口さんと3人で色々 プランニングをしてみました。具体的にはっきりとしたプランが出来上がった段階で発表いたします。

・今売り出しの歌謡界のホープ「北川大介」の新潟”ホテル大橋” のディナーショーのスケジュールが決まりました。4月21日(水)ですがもうすぐチラシが 出来ますので、後日掲載いたします。


N・T・Mレコード企画>
 この事務所は、音楽プロデューサー中野忠彦氏がジャズ・ヴォーカル中野マサハルのCD制作マネジメント、コンサート・ライブ出演のブッキング演 出を主な 業務とする個人事務所です。
 中野忠彦氏は、キングレコードの作曲家で戦前はコロムビアレコードのジャズ・ヴォーカルシンガーの故中野忠晴の長男で、武蔵野音楽大学の作曲家に学び、 ハウス・ジャズ・ピアニスト、キングレコードでの作曲活動を経て、現在音楽プロデューサーとして活躍。ジャズ・ヴォーカルの中野マサハルを育て、彼の更な るメジャー活動をさせるべくスキルアップを図っております。また、中野氏はジャズ以外にも様々な方面の方との交友が広く、元キングレコードの取締役でキン グレコードの名物ディレクターとして活躍した、赤間剛勝氏をアドバイザーに迎え、演歌・歌謡曲部門にも進出。レコード制作や作詞・作曲、歌手をメジャーレ コード会社に繋げるプロデュースをしております。これからメジャー進出を狙っている方には良きアドバイスが得られる事務所です。
 なお、ヴォーカリスト、中野マサハルの歌に共感を得て支援をしてみようと思われる方、メジャーレコード会社・プロダクションの方々は、今が旬のマサハル をよろしくお願い申し上げる所存です。

<中野マサハル近況>
 
2005年11月、初めての場所新宿の「遊味亭ラウンジJ.J.」で本田富士旺(Pi)、横山涼一(Dr)とトリオでコンサートを行ない好評で した。こ こは焼肉の叙 々苑の社長がクラシック好きの趣味で作った豪華なラウンジです。また近々頼みたいとの事です。
 12月はバードランドで ハンプトン内田クインテットと女性ヴォーカル「オグリー」とレトロなジャズを歌いました。内田さんは現在ジャズ・ワールドという新聞を発行している社長さ んですが、知る人ぞ知るヴィヴラフォンの名手であり、その昔渡辺晋(ナベプロの故社長)とシックス・ジョーズという有名バンドと組み、多くのスイングジャ ズシーンで活躍された方です。また、「LIVE HOUSE J」ではベースの水橋(ゴン)孝主催の恒例チャリティー・ライブに今年も出演(3回目)。レコーディングメンバーの福田重男 (Pi)、岡野等(Tp)と女性ヴォーカルのベテラン金子はるみ、熱帯ジャズバンドの宮本大路(Sxp)、また天才ドラマー小山太郎の 一流どころと久しぶりに共演しました。大変盛り上がり楽しいチャリティーライブでした。
 2006年は2年間レギュラー出演させていただいたバードランドはひとまず終了しましたが、岡野等(Tp)と組んでから自主ライブをさせていただく方針 です。他のライブハウスも岡野さんとのコンビで売り込みたいと思っております。
 とりあえずは池袋のバー「ライムストーンウォーター」や目白のイタリアンレストラン「マックスキャロット」、新宿j・j等に籍を置きラ イブを重ね、3月のシェ松尾のコンサートに全力を注ぎたいと思っております。
 また、瀬川昌久先生(ジャズ評論家)に推薦していただいた下丸子ジャズ倶楽部川口雷二(ジョー ジ川口の次男)とビッグ4の歌手として話を持っていこうと思っております。
 なお、キングレコードの関口台スタジオで録音した曲のうち7曲をセレクトし、それにあと2,3曲を選曲録音して完成されたアルバムを作りたいと頑張って おります。

↑キングレコード関口台スタジオにての吹込みの様子↓



戻る